お知らせ&活動予定

異次元の音、BEEPBOYの音

ピコピコなのに濃厚。数あるチップチューンの中でもこのような音は滅多に存在しません。右向き三角をクリックorタップすると試聴できます。

  1. Laser Fantasy

    1985年頃のゲームサウンドとロボットボイスを組み合わせて作った、チップチューン+テクノポップ。 音をいくつも重ね、独特かつ濃厚なサウンドに仕上げました。
  2. Fruity Boy

    爽やかな胸キュンサウンドに、80年代ビデオゲームを彷彿させる歌詞をロボットボイスで歌った、テクノポップ度の高い1曲です。 10年以上前からサビの一部は思いついていたのですが、他の部分は今年ようやく形になりました。
  3. 喧嘩するほど仲がいい!?(cover fr.魔神少女ep2)

    EtlanZ氏の楽曲をカバー。レトロゲームライクな2Dアクションゲームの魔神少女シリーズから、ノリの良い曲をアレンジしました。シーパンク風の曲調による南国感と、PCエンジン音源と相性のいいナムコ感あふれる1曲です。

今あなたがBEEPBOYを選ぶ理由、それは

BEEPBOYは主にPCエンジンなどのゲーム機を楽器に、2005年から現在まで長く音楽活動を続けています。

BEEPBOYはピコピコキラキラしていた1980年代のゲームセンターをリアルタイムで経験し、その原体験をもとに音楽を作っています。

BEEPBOYはインスト曲作りの他にも作詞・ボーカル・ライブ活動も行っています。これまでにTokyoSandbox・TokyoGameShow・PixelArtParkなどの首都圏開催イベントで、最大100名以上の観衆を前にライブ出演した経験があります。

このようなアーティストは有名所ではSEXY-SYNTHESIZERなどが存在しますが、その絶対数は国内・海外を合わせてもわずかしか存在しません。

今あなたの前には3つの未来があります。

BEEPBOYが提供する明るい未来を、あなたもぜひ入手してください。